江戸時代の婦人薬

経口避妊薬「朔日丸」(ついたちがん)

 この薬は、仲條医が売り出し、他の店でも委託販売をしていたという。
この丸薬は毎月の朔日に服用すれば、男性とセックスをしても妊娠しないという画期的な経口剤であった。
江戸中期(1700年代)には実用化されていたピルである。

朔日を呑んで曇らぬ月を見る

 宝暦七(1757)年の収月という選者が選んだ万句合に載っている句である。
その名の通りに月の最初の日に、朔日丸を飲んで、男との性交の快楽を十分に味わっても「曇らぬ月を見る」(順調に月経が来る)という意味である。
この句では、「朔日に」ではなく、「朔日を」となっているので、明らかに「朔日丸という丸薬を」と意味している。
もう、この頃からピルとして一般的に使用されていた事が分かる。

霜月の朔日丸を茶屋でのみ。

 霜月は江戸の女たちにとって、大変な月である。
十一月の一日から、江戸の歌舞伎は顔見世興行を始める。
芝居見物に熱狂する女たちは、争って桟敷を買い求める。
早朝のまだ夜明け前から開幕となるので、見物客は朝早く芝居茶屋に到着する。
ここで着替えたり、トイレを済ませて、その後、芝居小屋へと案内される。
朔日丸を常用している女たちは、観劇中に丸薬を飲み忘れる事があるため、この茶屋に着いた時に、最初に水を貰って丸薬を服用する。


屠蘇(とそ)よりも先に一粒後家はのみ。

 新春正月の元旦に屠蘇(とそ)酒を飲んで家中で新年を祝うのが常であるが、男遊びに余念のない後家さんは、何よりも先に「一粒」(丸薬の一錠)を飲むのである。


みそかごと有るで朔日売れるなり。

 「みそかごと」は極秘なことの意であり、また「晦日」の意味もあり、「朔日」との語呂合わせになっている。
亭主のいない女たちも、人知れず男との密会を重ねるという秘めたる現実がるから、「朔日丸」などという妙薬が売れるのである。
本句は「柳多留」百三十二篇(天保五-1834刊)の掲載句で、先に引用した収月評の句から実に77年後になる。
こうも長期に渡って愛用されていた経口避妊薬であるが、副作用がどうであったかは定かではない。


ダミー画像

  • 惣後架に貼られている「月水早流し」と「朔日丸」の引札
    『艶色秋之七種』(天保3-1832年)より

  • サブコンテンツ

    売れ筋ランキング

    • 絶倫粉粒

      絶倫粉粒画像

      「絶倫粉粒 120粒」は、まむし、スッポン、マカ、ハブ、ガラナがバランスよく配合された健康食品の一種です。日々の健康のためにお役立て下さい。

    • ドクタージー エネルギー対策

      ドクタージーエネルギー対策画像

      亜鉛+セレン+山芋エキスをトリプル配合した滋養強壮、強精、老化防止などの効果が期待できる健康食品!1日3粒を目安に摂取。90粒入。

    • 催淫香水 フェロミニア ハイ

      催淫香水 フェロミニア ハイ(5ml)(男性用)画像

      熱い本能が目覚める!特製モテフェロモンブレンドで気になる異性のハートをゲット!!約5~6時間持続します。

    • ランディースプレー

      チュカガエキスはマヤ文化伝来の豊穣の儀式などで使用された薬草で、アロマ効果で局所感覚を鈍化させる効果があり、性器の摩擦による刺激を鈍化させ、持続時間を延長させる効果があります。

    • ヴァギナスプレー

      女性のための感度アップ用のヴァギナスプレー!薬剤の塗布後はカーッと燃えるような感覚がありますが、今までにない、信じられないほど感度がアップします!


    無店舗型風俗特殊営業

    平成12年2月10日届出済
    (届出番号第34号確認書取得済み)

    このページの先頭へ