江戸時代の勃起不全

提灯で餅を搗く

吉原遊廓へ頻繁に出掛けるような年寄りは、とても若い見習いの女郎目当てに遊びに行くのが常でした。 今でも同じですが、自分よりもかなり年下の若い娘と男女の関係でいると、心身ともに若返る気分になれたのではないでしょうか。

御隠居の提灯入れは十八九。

と詠まれる。若い見習いの女郎とは、自分専用の部屋もなく、先輩の女郎の下で見習いをしている売春婦のことです。

普段は隠居暮らしでおとなしくしている老人の唯一の楽しみといえば、売春婦との遊びに精を出すくらいだったのでしょう。

そこで、若い時のような逞しいペニスとは程遠い萎縮しがちなフニャチンとセックスしてくれるのは、18~19歳くらいの若い女の子、つまりは見習いの女郎でした。

そんな女郎を、老人のフニャチン(提灯)置き場!?のような例えが面白いところです。

『吉原大雑笑』画像

  • ちょうちんを畳み込む 『吉原大雑笑』(安政元~1854年)
  • 別義として「提灯入れ」という秘語があり、女性の性器の別称となっています。 そこで、この「18か19」歳の女の子は、御隠居さんの若い妾(めかけ)とも解釈できます。

    美しい手で提灯の皺を伸し。

    若く美しい妾。インポ同然の旦那の「提灯」を手弄し、なんとか勃起させようとしている状況です。

    セックスで奉仕するのが妾の仕事ですから、お客が完全にセックスが出来ない状態にでもなれば、解雇されてしまうので、懸命に勃起させようとするわけです。

    俗諺に「提灯で餅を搗く」というのがありますが、通常は物事が思うようにならない例えですが、この俗諺を、下ネタ風に解釈して、勃起しないペニスでセックスをしようとして頑張っている様を「提灯で餅を搗く」と言ってます。


    ダミー画像

  • 「御隠居の灯ちん入ハ十五六」『新やなぎだる』(支久期-1861年頃)
  • 洒落本の『当世爰かしこ』(安政四-1775年)の序文に、

    そなた百まで、こちゃ九十九まで挑灯で餅つき祝ふ茶呑友達の余情もいろいろの…。

    とあり、隠れた通言として知られていました。

    艶本の『女貞訓下所文庫』(明和初-1766年頃)には、

    男は年たけて淫勢の矢さきをうしなひ、あたかも提灯にて餅をつくがごとし。

    とある。
    「淫勢の矢さき」とは、簡単に言うとペニスが力強く勃起して女性に挿入する様で、老いてしまい、かつての精力が失われてしまった状態を書いています。「あたかも提灯にて餅をつくがごとし」とは、勃起できなくて女性に挿入したくても、ぜんぜん入らない様を表しています。老いてセックスがしたくてもできなくなった悲し現実だったわけです。


    サブコンテンツ

    売れ筋ランキング

    • 絶倫粉粒

      絶倫粉粒画像

      「絶倫粉粒 120粒」は、まむし、スッポン、マカ、ハブ、ガラナがバランスよく配合された健康食品の一種です。日々の健康のためにお役立て下さい。

    • ドクタージー エネルギー対策

      ドクタージーエネルギー対策画像

      亜鉛+セレン+山芋エキスをトリプル配合した滋養強壮、強精、老化防止などの効果が期待できる健康食品!1日3粒を目安に摂取。90粒入。

    • 催淫香水 フェロミニア ハイ

      催淫香水 フェロミニア ハイ(5ml)(男性用)画像

      熱い本能が目覚める!特製モテフェロモンブレンドで気になる異性のハートをゲット!!約5~6時間持続します。

    • ランディースプレー

      チュカガエキスはマヤ文化伝来の豊穣の儀式などで使用された薬草で、アロマ効果で局所感覚を鈍化させる効果があり、性器の摩擦による刺激を鈍化させ、持続時間を延長させる効果があります。

    • ヴァギナスプレー

      女性のための感度アップ用のヴァギナスプレー!薬剤の塗布後はカーッと燃えるような感覚がありますが、今までにない、信じられないほど感度がアップします!


    無店舗型風俗特殊営業

    平成12年2月10日届出済
    (届出番号第34号確認書取得済み)

    このページの先頭へ