江戸時代の小型ディルド「久志理」・「勢々理」

女性専用の大人のおもちゃ「久志理」・「勢々理」

艶道日夜女寶記画像

  • 「くぢるていかくのごとく」
    (図1)『艶道日夜女寶記』
  • 「久志理」(くじり)または「勢々理」(せせり)とは、張形を小さくしたものである。
    『艶道日夜女寶記』(図1)((明和期-1770年頃)には絵を添えて、

    くじり。
    ちいさきはりかたなり。
    つかひやうは、ゆにてあたため、ゆびにきせ、あなのうはつらをこそぐるがよし。

    とあり、それに並べた図は「くぢるていかくのごとく」であり、その使い方を絵で表している。
    この図は、人差指に「くじり」を指サックのように被せて、女性器に半分ほど差し入れた絵で、分かりやすい表現で描かれている。

    「久志理」『艶道日夜女寶記』画像

  • 「くじり」
    『艶道日夜女寶記』
  • 形状は普通の張形ですが、サイズがかなり小さくなっている。 素材は、鼈甲や水牛の角で出来ているが、男性が前戯用の道具として使うだけでなく、女性が自慰用として、自分の指に填めて「さねがしら」(クリトリス)を刺激するのにも使用した。

    「久志理」『閨中紀聞枕文庫』画像

  • (図2)「久志理」
    『閨中紀聞枕文庫』初篇

  • また、『閨中紀聞枕文庫』初篇(文政五~1822年)には、(図2)「久志理」の絵の添え書きとして、

    年増の女など、ひとりねのまくらさみしきに、もちゆる具なり。
    はりかたのちいさきものなり。
    べっこうつのにてつくる。

    とある。
    ここでは、男が前戯用に使うものではなく、「枕淋しい年増女」がオナニー用の道具(オナニーグッズ)として記されている。

    吾妻形・嬲画像

  • 吾妻形・嬲
    『好色訓豪図彙』(図2)

  • 文献的に古いところでは、『好色訓豪図彙』(図2)((貞享三-1686年)の「器財」に、「吾妻形」(あづまがた)とともに図示され、そこには「嬲」(せせり)と記載されている。
    これから少し時代が下がった『好色旅枕』(元禄八-1695年)には、「張形」と「吾妻形」とともに図示され、ここも「嬲」(せせり)と説明書きがある。
    この張形を小さくした「久志理」と「勢々理」は、同じグッズの事を言い、俗説によれば、一本の指全体を差し込んで操作するのを「久志理」と称し、指先だけに填める短いものを「勢々理」と呼んだらしい。

    江戸の秘具・秘薬の専門店「四つ目屋」の引札(宣伝書き)に、秘具を列記した中に「ゆびにんきやうせせり」とある。
    漢字を充てると「指人形勢々理」となり、指先で女陰を弄する時の「せせり」道具という事になる。
    「せせる」は、元々 「突っつき探る・ほじくる・弄くる」の意味であり、「くじり」は「挟る」であり、これもまた「穴に指を入れて穿る(ほじくる)」の意である。

     艶本の戯作『婚礼秘事袋』(宝暦期-1756年頃)には、「嫁閨中手道具の類」として閨中の秘具が並んだ中の一品として、「くじり」が図示されている。
    これで見ると、「くじり」は自慰用ではなく、男女の閨中に用いる前戯の具であると思われる。


    『女大楽寶開』画像

  • 是もゆにてしめし、ゆびにきせ、玉もんをくぢるなり。
    『女大楽寶開』(図3)
  • また、江戸中期の色道指南書『女大楽寶開』(おんなたいらくたからべき)(図3)((宝暦初-1755年頃)には、「こんたん道具の図。
    並につかひやうの事」として、「くぢり」の説明に、

    是もゆにてしめし、ゆびにきせ、玉もんをくぢるなり。

    とある。もう少し時代が下がった指南書 『百人一出拭紙箱』(ひゃくにんいっししょくしばこ)(安永期-1775年頃)には、色道調度類を陳列した中に、箱に入った一物が図示され、 

    嬲。くじり。ゆにひたし、ゆびにさし込、つびをくじるなり。

    とあり、文献の著者の違いによって「嬲」という漢字が、「せせり」とも「くじり」とも両方に読まれている事が分かる。

    『女大楽寶開』画像

  • くぢりの図
    『教訓女才学』(図4)
  • さらに時代が下がった 『教訓女才学』(図4)(文政六-1823年)には、狂歌を添えた「くぢり」と薬缶と茶碗の絵があって、

    くぢりをばゆにあたためゆびにはめ つかへば女気ざすなりけり。

    とあり、いずれにしてもお湯で暖めてから指に填め、男性が指に填めるにしても女性が自慰用に使うも、女陰を弄する大人におもちゃである。 これを男性が指先に填めれば、指の爪で女性器を傷つける事もないし、女性の愛液に男性の指がまみれる事もないので、色々な意味で重宝されたようである。


    くじる時親指実の舵を取り・葉末

     この「くじり」を使う場合、ただ指先だけでピストンしても、支える箇所がないと動きが不安定になる。
    そこで親指でクリトリスを押さえて固定させ、たまには揺り動かしながら、女竅へ差し入れる。
    または二本指を小刻みに出し入れをし、揺すり動かしたりする。
    親指はそんな微妙な動きの支点の働きをするのである。
    「物事がうまく進行するように計らう」という俚諺の「舵を取る」を利かせ、それを下世話的に使った面白さである。


    サブコンテンツ

    売れ筋ランキング

    • 絶倫粉粒

      絶倫粉粒画像

      「絶倫粉粒 120粒」は、まむし、スッポン、マカ、ハブ、ガラナがバランスよく配合された健康食品の一種です。日々の健康のためにお役立て下さい。

    • ドクタージー エネルギー対策

      ドクタージーエネルギー対策画像

      亜鉛+セレン+山芋エキスをトリプル配合した滋養強壮、強精、老化防止などの効果が期待できる健康食品!1日3粒を目安に摂取。90粒入。

    • 催淫香水 フェロミニア ハイ

      催淫香水 フェロミニア ハイ(5ml)(男性用)画像

      熱い本能が目覚める!特製モテフェロモンブレンドで気になる異性のハートをゲット!!約5~6時間持続します。

    • ランディースプレー

      チュカガエキスはマヤ文化伝来の豊穣の儀式などで使用された薬草で、アロマ効果で局所感覚を鈍化させる効果があり、性器の摩擦による刺激を鈍化させ、持続時間を延長させる効果があります。

    • ヴァギナスプレー

      女性のための感度アップ用のヴァギナスプレー!薬剤の塗布後はカーッと燃えるような感覚がありますが、今までにない、信じられないほど感度がアップします!


    無店舗型風俗特殊営業

    平成12年2月10日届出済
    (届出番号第34号確認書取得済み)

    このページの先頭へ