レズプレイ、アナルプレイ、SM等の倒錯プレイには欠かせないペニスバンド。

ペニスバンドの画像


欧米での名称は、ペニスバンドではなく、「ストラップ・オン(strap-on)」、「ストラップオン・ディルド」や「ディルド・アンド・ハーネス」で呼ばれています。

男性が装着するタイプと女性が装着するタイプでは、構造が異なっているので使い分ける必要がある場合があります。

現在のペニスバンドは、ゴム製が主流で、また電動タイプのものが増加傾向にあります。女性同士・カップルだけでなく、対男性にも用いられるようにもなっています。

男性用の補助器具(男性用の張り型)としてのペニスバンド

男性用ペニスバンドの画像


男性が装着するものは、ペニスサックのように男性器に被せて使うディルド(張り型)となります。

外見が本物そっくりのものや力強く反り返っているものもあって、一見して逞しくそそられます。

ディルド部は、空洞になっているので男性器を被せた状態で股間部に装着します。

ベルトで腰まわりに固定できるので行為の最中に外れたりずれる心配もなく、ディルド内部に男性器を収めておけます。

どうしても元気が出ない日や、途中で萎えてしまった中折れ状態の時に装着すれば、女性をがっかりさせることはありません。

また、萎えることがないので、何度も絶頂に達しているパートナーに対して休みなく責め続けることができます。

固定具がしっかりしていれば、女性が装着することも可能なので、レズプレイや女性が男性のアナルを責めるアイテムとしても使用できます。

女性同士(レズ)用のペニスバンド

女性用ペニスバンドの画像


女性用のペニスバンドは、穴の開いたパンツにディルドや電動バイブを装着するタイプと、ディルドと固定バンドが一体になっている二つのタイプがあります。

愛好者の中では、ペニスバンドを略してぺ二バンと呼ぶ人も多いようです。

女性用のペニスバンドは女性が股間に装着して男性器を有するためのものです。

その歴史は古く、プラスチックやゴムの加工技術がなかった頃は木や水牛の角、牛の骨を削って男性器を模したものを太腿に挟んで使っていました。

しかし、さすがに太腿に挟んで使うには使い勝手が悪過ぎたため、身体に紐で固定するようになりました。

さらに、デイルドを股間に固定する方法も徐々に改良されます。

ディルドの根元部分の面積を広げて身体に密着させて支えたり、デイルドを固定する紐を太くしたり、パンツ状にすることでより固定の度合いが高まりました。

このような改良により様々な体位でも安定的にディルドを使うことができるようになりました。

ペニスバンドの歴史

ペニスバンドの歴史の画像


現存する資料において最古のペニスバンドとしては、13世紀頃にはすでに存在していた記録があります。

その記録によると、使用方法がほぼ確立していることから、実際にはさらに以前から存在していたと推察されます。

紀元前6世紀頃の古代ギリシャのレスポス島のサッポーという女流詩人は、女性の同性愛に関する詩を非常に多く残しています。

このことから、レスポスの人を表す「Lesbian」(レズビアン)が女性同士の同性愛者の語源となっていますが、サッポー自身が同性愛者であったかどうかは不明。

また、歴史的には、男性の同性愛は比較的容認されるものの、主に西アジア圏などでは女性の同性愛は弾圧されることが多かったようです。

ペニスバンドは、男も女も楽しめるラブグッズ

男も女も楽しめるラブグッズの画像


女性も男性も使えて、時には女性が攻め側になれる性の解放の象徴!?ともいえるペニスバンド。

ペニスバンドといえば、レズプレイを想像する方も多いと思いますが、より多彩な楽しみ方も考えられています。

例えば、男性が二穴同時挿入のために装着することで、さながら複数プレイしているかのようなトリップ感が味わえます。

アメリカなどでは、いわゆるボンテージスーツの種類が豊富で、パンツの付加機能としてデイルドが装着できるものがあります。

ほとんどが、尻の凹部分でパンツを固定して股間よりやや上の位置にディルドを通す穴が開いています。

人によっては、パンツで固定するペニスバンドでは安定感が今一つと感じる場合があるので、その場合はコルセット型のハーネスを使ってみるとよいでしょう。

下腹の平らな部分で固定するので、安定感はより確かなものとなります。

サブコンテンツ

売れ筋ランキング

無店舗型風俗特殊営業

平成12年2月10日届出済
(届出番号第34号確認書取得済み)

このページの先頭へ